FC2ブログ
オシムジャパン!サッカーを愛する会!
サッカーを愛するおしむちゃん!オシムジャパン!Jリーグなど試合結果、選手ニュースを紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オシム監督から“冬休みの宿題”
サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督(65)が札幌合宿中にMF中村憲剛(26)=川崎=ら数選手と個人面談し、“冬休みの宿題”を与えていたことが16日、分かった。

15日のアジア杯サウジアラビア戦(札幌ドーム)で年内全日程を終了。来年2月、国内での始動キャンプまでの空白期間で個々に課題を与えた。元日の天皇杯決勝戦を観戦するため日本で年越しする同監督は、精力的な視察で“息子たち”の成長ぶりに目を光らせる。

提出日来年2月 オシム先生が“学期末”に冬休みの宿題を課した。関係者によると、指揮官は札幌合宿中、MF中村憲ら数選手と個人面談を行い、就任初年での評価や「もっと体力をつけろ」「パスの種類を増やせ」といった課題を提示したという。「今後、毎回呼べるか分からないから」という意図で、U-21日本代表に専念する機会が増えるDF伊野波、青山ら飛び級組も呼び出されたとみられる。

 総決算に余念がない。各コーチには選手評価の土台となるリポートの提出を指示。前日には深夜の会食後にサウジ戦の反省を踏まえてミーティングを行った。「もっと試合や練習ができれば」という御大に、貴重な情報が漏れなくフィードバックされている。

 “宿題提出日”は来年2月中旬の国内キャンプ。アジア杯本大会を控え海外組が合流する勝負の年の始動で、成長の跡を見せなければならない。オシム監督も天皇杯決勝まで日本に滞在する予定で「12月はクラブW杯と天皇杯で予定がいっぱい」と、選手の一挙一動に注目する構えだ。


オシム監督、試合前に個人面談していた

日本代表のイビチャ・オシム監督(65)は16日、「最低、天皇杯の決勝までは日本にいる」とし、予定通り、来年正月まで国内にとどまり国内組の視察を行うことを明らかにした。

 外国人監督が天皇杯決勝を視察するのは極めて異例。過去、クリスマスや新年は母国で休養するケースがほとんど。しかし、オシム監督は日本での越年を決意。U-21(21歳以下)代表が参加するアジア大会(12月・カタール)にも興味を示しており、急きょ足を運ぶ可能性もある。

 それだけ国内組に期待している。改めて欧州組に対しレギュラーを確約しない姿勢を見せ、「たとえバルセロナのレギュラーでも、私のチームでレギュラーということはない」と断言。「今年呼ばれた選手が中心になる」と今後も現メンバーを軸とする考えを示した。

 今合宿中にMF中村憲剛(川崎)らを呼び、異例の個人面談を行ったことも判明。「スタミナをつけろ」「パスの種類を増やせ」など個々に課題を与えた。17日にはスタッフ会議を行い、今年の反省と来年以降の強化プランを練る。



FC2ブログランキング


にほんブログ村 サッカーブログへ

スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
クリスマス人気プレゼント情報満載!今話題の人気プレゼントや限定品が見つかります。彼氏・彼女への喜ばれるプレゼントをランキング紹介!思い出に残るクリスマスプレゼントを!
2006/12/07(木) 21:21:29 | クリスマス プレゼント ランキング
copyright © 2005 オシムジャパン!サッカーを愛する会! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。