オシムジャパン!サッカーを愛する会!
サッカーを愛するおしむちゃん!オシムジャパン!Jリーグなど試合結果、選手ニュースを紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オシム監督から“冬休みの宿題”
サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督(65)が札幌合宿中にMF中村憲剛(26)=川崎=ら数選手と個人面談し、“冬休みの宿題”を与えていたことが16日、分かった。

15日のアジア杯サウジアラビア戦(札幌ドーム)で年内全日程を終了。来年2月、国内での始動キャンプまでの空白期間で個々に課題を与えた。元日の天皇杯決勝戦を観戦するため日本で年越しする同監督は、精力的な視察で“息子たち”の成長ぶりに目を光らせる。

提出日来年2月 オシム先生が“学期末”に冬休みの宿題を課した。関係者によると、指揮官は札幌合宿中、MF中村憲ら数選手と個人面談を行い、就任初年での評価や「もっと体力をつけろ」「パスの種類を増やせ」といった課題を提示したという。「今後、毎回呼べるか分からないから」という意図で、U-21日本代表に専念する機会が増えるDF伊野波、青山ら飛び級組も呼び出されたとみられる。

 総決算に余念がない。各コーチには選手評価の土台となるリポートの提出を指示。前日には深夜の会食後にサウジ戦の反省を踏まえてミーティングを行った。「もっと試合や練習ができれば」という御大に、貴重な情報が漏れなくフィードバックされている。

 “宿題提出日”は来年2月中旬の国内キャンプ。アジア杯本大会を控え海外組が合流する勝負の年の始動で、成長の跡を見せなければならない。オシム監督も天皇杯決勝まで日本に滞在する予定で「12月はクラブW杯と天皇杯で予定がいっぱい」と、選手の一挙一動に注目する構えだ。


オシム監督、試合前に個人面談していた

日本代表のイビチャ・オシム監督(65)は16日、「最低、天皇杯の決勝までは日本にいる」とし、予定通り、来年正月まで国内にとどまり国内組の視察を行うことを明らかにした。

 外国人監督が天皇杯決勝を視察するのは極めて異例。過去、クリスマスや新年は母国で休養するケースがほとんど。しかし、オシム監督は日本での越年を決意。U-21(21歳以下)代表が参加するアジア大会(12月・カタール)にも興味を示しており、急きょ足を運ぶ可能性もある。

 それだけ国内組に期待している。改めて欧州組に対しレギュラーを確約しない姿勢を見せ、「たとえバルセロナのレギュラーでも、私のチームでレギュラーということはない」と断言。「今年呼ばれた選手が中心になる」と今後も現メンバーを軸とする考えを示した。

 今合宿中にMF中村憲剛(川崎)らを呼び、異例の個人面談を行ったことも判明。「スタミナをつけろ」「パスの種類を増やせ」など個々に課題を与えた。17日にはスタッフ会議を行い、今年の反省と来年以降の強化プランを練る。



FC2ブログランキング


にほんブログ村 サッカーブログへ

スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

中田英寿がタヒチで熱愛バカンス!「フライデー」が報じる
ヒデ、タヒチでモデルとツーショット! 元サッカー日本代表の中田英寿氏(29)が南海の楽園、タヒチで日中ハーフのモデル、白雪(20)とセレブバカンスを過ごしていたことが9日、分かった。10日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じているもので、現役引退表明後、中田氏と女性のツーショットがキャッチされたのは初めてだ。

 同誌によると、中田氏と白雪は先月、タヒチ・ボラボラ島の超高級コテージで2泊3日のバカンスを過ごした。1泊1人当たり23万円以上のロイヤルスイート。2人とも水着姿で、完全リラックスムードに包まれ、親密度はかなり高そうな雰囲気だったという。

 中田氏はサッカーW杯ドイツ大会終了後の7月、自身のホームページで引退を宣言。「人生とは旅であり、旅とは人生である」と題したメッセージの中で「プロサッカーという旅から卒業し“新たな自分”探しの旅に出たい」と表明した通り、世界各地を訪れているという。フィリピンでのボランティア活動を報じられたことはあるが、美女とのツーショットをキャッチされたことはなかった。

 これまで女優、宮沢りえ(32)とのキス写真を雑誌に掲載されたり、女優や金髪のデンマーク人モデル、タニヤ・ティングとのデート現場も目撃されてきた。今回のお相手、白雪は、中田氏好みの「黒髪にスレンダーな美女」。日中のハーフで1メートル69、B80W63H88とナイスボディーだが、芸能界デビューはなんと10歳。日韓中少女ダンスユニット「CIRCLE(サークル)」のメンバーだった。

 17歳でモデルに転身し、軽自動車で高い人気を誇る三菱自動車「i(アイ)」のCMにも出演。3人組ユニット「東京コールプロジェクト」でコーラスを担当し、今月15日には同ユニットでシングル「愛の東京コール」を発売予定。

 2人の出会いは昨年、中田氏が一時帰国した際、クラブイベントで知人から紹介されたという。この件に関して白雪の所属事務所は「中田さんとは親しい友人の1人だと白雪本人から聞いております」とコメント。

 一方、中田氏の所属事務所は「中田は現在旅をしている途中です。旅自体もプライベートなことですので、とくに今回の件でわたくしどもからコメントすることはありません。申し訳ございません」と丁寧な応対ながら、核心に触れることはなかった。









FC2ブログランキング



にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

<サッカー>日本、決勝へ進出 PK戦で韓国降す U19
サッカーのアジア・ユース選手権(19歳以下)は第8日の9日、インドのコルカタで準決勝が行われ、日本は2大会連続優勝の韓国と対戦。

2―2で延長を終え、PK戦は3―2で制して2大会ぶり6回目の決勝進出を果たした。準決勝のもう1試合は北朝鮮がヨルダンを1―0で降した。日本は初優勝を目指し、北朝鮮と12日に対戦する。

 4強入りで、来年のU20(20歳以下)ワールドカップ出場を決めている日本は試合開始早々に失点したが、後半を開始してすぐに森島康(セ大阪)が同点ゴール。同39分には槙野(広島)が退場処分を受けた。延長前半終了間際に青木(千葉)が勝ち越し点を挙げたものの、延長後半に追い付かれた。PK戦ではGK林(流通経大)が相手の6人目のシュートを止め、3―2で制した。




カペッロ監督「ベッカムの不調は代表落選が原因」

レアル・マドリー(スペイン)のカペッロ監督が、本来のプレーが影を潜める今季のMFデイヴィッド・ベッカムについて、『スカイスポーツ』のスペインサッカー番組のなかで自らの考えを語った。ロイター通信が報じている。

 「彼は本当のプロフェッショナルだ」とベッカムに対して、高い評価を与えているカペッロ監督だが、昨季までベッカムが務めてきたポジションにMFレイェスらほかの選手を起用することも多い。その影響で、先発出場の機会が激減したベッカムは、リーグ戦での得点もわずかに1ゴールに留まるなど、本来のパフォーマンスを披露しているとは言い難い状況となっている。

 カペッロ監督は「ベッカムの場合、イングランド代表から外されてから、辛い時間を過ごしてきたんだ」と語り、W杯以降続く代表落選がベッカムを精神的に追い込んでいるとの考えを示した。

 一方で、「(ベッカムにとっては)精神的に難しい時期だった。でも、今の彼は落ち着きを取り戻しつつあるよ。チャンピオンズリーグでのプレーも非常にすばらしかったし、誰もが知っている本来のベッカムの姿に戻りつつあるようだ」と、パフォーマンスが回復傾向にあるとの明るい見方を示した。



FC2ブログランキング



にほんブログ村 サッカーブログへ


テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

日本、7大会連続W杯出場=アジアユースサッカー、サウジ破り4強
サッカーの19歳以下(U19)アジア・ユース選手権は6日、当地などで準々決勝が行われ、日本はサウジアラビアを2-1で破って準決勝に進出し、来年の20歳以下(ワールドカップ旧世界ユース選手権、6月30日開幕、カナダ)の出場権を獲得した。

日本は世界ユース時代から7大会連続の世界大会出場となる。

 日本は前半7分に柏木(広島)の右FKを河原(新潟)が頭で決めて先制。後半36分にPKで同点に追い付かれたが、交代出場の青木(千葉)が終了間際に殊勲の決勝点を奪った。

 日本は9日の準決勝で韓国と対戦する。オーストラリアを2-1で破った韓国もU20W杯への出場が決まった。 



オシム監督“私的に”千葉練習視察

日本代表のオシム監督が初の“練習視察”を行った。ナビスコ杯連覇から3日、千葉は習志野市の秋津サッカー場で練習を再開し、開始から30分後にオシム監督が姿を見せた。

「練習を見るのが私の日常だから」とプライベートであることを強調。各クラブの練習を視察して回っている和田TAも「全くの偶然」で、ついでに15日のアジア杯予選で対戦するサウジアラビアの情報も伝えたという。オシム監督は練習後、U―19日本代表のサウジアラビア戦をテレビ観戦するため帰宅。「内田、梅崎、森島。将来が楽しみな選手もいる」と、珍しく注目選手の個人名を挙げていた。



FC2ブログランキング



にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

水野がV弾!千葉 ナビスコ杯連覇
反逆児の恩返し弾だ。Jリーグ・ヤマザキナビスコカップ決勝戦(3日、国立競技場)、千葉は後半35分、MF水野晃樹(21)が先制点を突き刺し、同37分には右CKから2点目をアシスト。10冠を狙った鹿島を2-0で粉砕した。

かつて練習中にアマル・オシム監督(39)の方針に反抗した水野は、1得点1アシストの活躍でMVPに輝いた。千葉は94年の東京V(当時V川崎=3連覇)以来の大会連覇を成し遂げ、今季途中まで千葉を指揮した日本代表のイビチャ・オシム監督(65)も大喜びだった。

 右足がゴールネットを揺らした瞬間、水野は迷わずベンチに駆けた。「アマルさんがいたから」。自分を信じて使ってくれた恩師に抱きついて喜びを爆発させた。

 試合前、同監督から「お前は攻撃力があるからスタメンにしている。攻撃力が出せなければ意味がない」とゲキを飛ばされた。右サイドからのドリブル突破で何度もチャンスをつくり、後半35分にMF坂本のパスから、GKを見極めて左隅に蹴り込んだ。その2分には右CKからMF阿部のダメ押し弾をアシスト。全得点に絡んでのMVP(賞金100万円)獲得に「みんなからブーイング。坂本さんから選手会に30万入れろって」と苦笑しながら「来年寮を出るので家具を買いたい」と使い道を決めていた。

 9月29日のミニゲーム中、監督の途中交代の指示に腹を立て、ユニホームを脱ぎスパイクを投げ捨てる造反行為造反行為を起こした。それでも起用した監督に、21歳の反逆児が恩返し。U-21日本代表にも名を連ねるが、この日の活躍は飛び級へのアピールにもなった。

 日本代表オシム監督は「この状態をコンスタントに維持できればA代表だ」と期待したが、水野は「結果を見れば良かったが、ミスも多かった。リーグ戦もあるし修正していきたい」と慢心はない。さらなる高みへ、着実な印象を刻み込んだ。



FC2ブログランキング



にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

copyright © 2005 オシムジャパン!サッカーを愛する会! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。